2012/10/31

情けは質に置かれず (2959)

読み: なさけはしちにおかれず
同情してもらっただけではしかたがないこと。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントを投稿