2012/11/02

臼から杵 (488)

読み: うすからきね
物事のさかさまなことのたとえ。うすは女、きねは男で、男から女に言いよるべきであるのに、女から男に働きかけること。

0 件のコメント:

コメントを投稿